パフォーマンスの向上 骨ナビシンクロ

19682BAF-90CE-4B70-A827-95A15EC60CBF今日はパフォーマンスUPの骨ナビについてです^_^♪



骨ナビ講座の応用編で学ぶのは、
全身の骨と関節を共振(シンクロ)させて疲れない、壊れない、楽できる、賢い身体の使い方です♪




どれだけ動いても疲れない、どれだけやっても疲れない身体とは、
正常化した部品(骨と関節)をどう動かすか?です。




筋トレばかりにフォーカスすると
身体の一部に負荷をかけてしまい、
組み合わせることを欠落してしまいます。

262F6D90-082A-423E-B0A3-42A7FD3EFA8A


いくら重いバーベルを持ち上げることができても、
早く走ったり、記録を出したりなどの
全体のパフォーマンスはあがりません。






シンクロ では
共振共鳴させて効率の良い身体を学び、
『身体の使い方』のスキルを上げます。





こんな話があります。

18F2CA67-CFB8-4996-A205-C77B745273A9



漁師のおじいちゃんのところに、
プロレスラーがお手伝いにいくというもの。
プロレスラーは1日で動けなくなったそうです。



なぜだと思いますか?
筋肉むきむきのパワーがあるプロレスラーより
なぜ、おじいちゃんが平気なのでしょうか?




それは、
プロレスラーが『身体の使い方』が違うからです。
漁師など作業をするのに、
筋トレ風の身体の使い方はいらないからです。



同様に、
登山も筋肉を使って登っていたら、、、
ふくらはぎやモモがパンパンになります。




筋トレ的な身体の使い方は潰れるのが早いため、
どこにも負荷をかけない使い方が大切です☝️




〜イチローさんと稲葉さんの対談より〜

『ライオンやトラは鍛えない』
『生まれもったバランスを崩してはダメ』

https://baseballking.jp/ns/62252
18DE90E4-CA56-4079-9B5E-2C70A0912526



骨と関節を意識して身体を動かすと結果として適当な筋肉は自然につきます✨
決して筋肉がいらないわけじゃないです^_^





ゴルフ、ランニング、各種スポーツ
ほとんどのものは、
骨ナビ的な身体の使い方でパフォーマンスがあがります。(音楽家の方にも)
425940B5-7EF1-4C8E-B69D-8093F0353DB4
EDECC027-679E-4047-865A-93104C8CE886

これは私がハワイのトライアスロンに出た時のです。

無事ゴールできました^_^

A8EBD64D-11A8-4380-A72F-68C6435305F4
部分を固めず、全身を共振させてこそ力を発揮できる!!



フローな状態は、
どこにも滞りがなく全身が調和して動いている。
我をはらない、無駄な力みがない状態です。
ECC2ACC8-A620-44E6-9804-2AE15A8B72D3


一般的には別々のものと考えられがちな健康とパフォーマンス向上が両立するのがホネナビです♪
9B0E2EA6-971F-4226-A873-98A67407548D
27F67C64-9B55-4977-8017-E4279B565CC3
4CA45C54-6B1A-45AB-9118-E8B6E113C968




骨ナビ短期集中講座
5月26日(日)13:00-18:00
6月9日 (日)13:00-18:00
6月23日(日)13:00-18:00
(アシスタント入らせていただきます)
※骨ナビシンクロは今回から応用編となります!

アスリートの方や、インストラクター業の方、
毎日身体を使う全ての人にオススメの内容です♪
【骨ナビとは?詳しく知りたい方はこちら→(クリック)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA